2016年03月23日

ら沈黙を守



「先ほど申しましたとおり、赤松さんは、アマゾン探検隊に参加していました」
 早苗は、慎重に言葉を選びながらしゃべった。渡邊教授の表情を観察すると、かすかに動揺が走ったようだ。さっき、アマゾンという言葉を聞いたときと同じだ。やはり、何か思い当たる部分があるのだ。
「実は、同時期にアマゾンへ行って亡くなったのは、赤松さんだけではないんです」
 渡邊教授は、あやうく煙草を取り落としかけた。
「何だって?」
「ほかに、二人が亡くなっているんです」
「しかし、そんなことは……」
 渡邊教授の顔色が、蒼白《そうはく》になった。
 早苗は唾《つば》を飲み込んだ。どうやら、的中したらしい。渡邊教授は、司法解剖の際に、何かを見ている。
「渡邊先生。何か、お心当たりがあるんですね?」
 渡邊教授は無言だった。煙草を持った手が震えている。もう一押しだ。
「先生がご覧になったものは、赤松さんの直接の[#「直接の」に傍点]死因ではないかもしれません。ですが、その原因を作った可能性が高いんです」
「その、根拠は?」
 渡邊教授は、鋭い目で早苗を見た。
「赤松さんを含めて、三人とも自殺してるんです。しかも、常識では考えられないような方法でです」
「だからと言って……」
「うち一人は、私が直接診察しました。奇怪な幻聴や、幻覚、妄想などの精神症状が見られました。それも、精神分裂病などとは明らかに違います。今までに知られていなかったような種類の精神病なんです。しかも、これは、何らかの方法で伝染するのではないかと思われる節があります」
 これが、駄目押しになったのがわかった。早苗は、逸《はや》る心を抑えながった。渡邊教授が自分から話し出すのを、辛抱強く待つ。
「保健所には、一応、報告した」  


Posted by 淺笑嫣然 at 12:52Comments(0)