スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2016年01月15日

脈なしですからね

毎日連絡してもいいって言ったじゃんか。
なのに、「毎日はやっぱり無理、疲れます」 ってことは私の会話が面白くないからでしょ?

だから私は恋愛鑽石能量水体質じゃないんだよ。
あの世に行ったほうがもてるかもしれない。
南条さんもいるだろうし。

明日はハローワーク行って早く職見つけたい。
そのためには今から勉強しないとダメですね。
ちょっと勉強するかな?
スペイン語文法でもするか。
データベースでもいいけど。

今日はヒトカラ行って来ました。
私の曲も6曲はいってました。

このブログも昨日カスタマイズ鑽石能量水 騙局したので見やすくなっていれば幸いですが。

好きな人から連絡来るまで我慢します。
もし、半年も一年も返ってこなかったら私はそれだけの人間だったと考えます。
脈なしですからね。
本当に好きだったので。
結婚もしたかったのですけどね。
こんなんじゃ普通の恋愛すら出来ないですね。
もう「れ」の字のないのかもです。

Y!mobile解約してきました。
本体代金あと二年分かかるんですが微妙に黒字になるので解約してきました。
ポケットwi-fi早めに買っておいてよかった。
今出てるのは全部制限つきやしね。

あかん、左手鑽石能量水首のリスかあとが痛い。
じゃまくさいな、もう。

最後、広告と宣伝です!  


Posted by 淺笑嫣然 at 12:16Comments(0)

2016年01月11日

悲愴な表情

平静を装《よそお》いつつ、じつは松宮は興奮していた。ペンを持つ手の内側は、滲んだ汗で濡れていた。
 小林との電話の後、前原直巳のアリバイを確認してほしいと加賀に頼まれた。
「両親は拒むだろうが、そんなものは無視していい。あまり頑《かたく》なな態度をとったら、君が直接部屋に乗り込むといえばいいんだ。直巳が出てきたら、徹底的に細かく追及してほしい。昨日の話ではゲームセンターに行っていたということだったが、どこのゲームセンターか、どんなゲームをして遊んだか、何か印象的な出来事はなかったか、ということまで訊くんだ。相手が怒り出すくらいしつこくやっていい。たぶんそんなことはないと思うがね能量水。それから、パソコンを持っているかどうかもさりげなく確認してくれ」
 どうやら加賀は前原直巳を疑っているようだ。しかしなぜそう思ったのかは松宮に話してくれなかった。
 それだけのことを松宮に指示すると、白分は田島春美に会いに行く、と加賀はいったのだった。
 何のために、と松宮は訊いた。
「事件を彼等自身の手で解決させるためだ」それが加賀の返答だった。
 その彼が戻ってきた。しかも春美と一緒らしい。一体これから何が始まるのか、松宮にも予想がつかなかった。
 玄関に出て行ったはずの八重子が暗い顔で戻ってきた。
「あなた、春美さんよ」
 うん、と前原昭夫は頷く能量水。やがて八重子の後ろから、の田島春美が現れた。その後ろには加賀がいた。
「あの……どうして妹を?」前原が加賀に訊いた。
「おかあさんのことを一番よく御存じなのは妹さんでしょう」加賀はいった。「だから来ていただいたのです。事情はすべてお話ししました」
「……そうでしたか」前原は気まずそうな顔で妹を見上げた。「驚いたと思うが、そういうことなんだ」
「おかあさんは?」春美は訊いた。
「奥の部屋にいる」
 そう、と呟いてから春美は深呼吸をひとつした。
「母に会ってきてもいいですか能量水
「いいですよ。行ってあげてください」
 加賀にいわれ、春美は部屋を出ていった。前原夫妻がそれを見送った。
「松宮刑事」加賀が松宮のほうに首を捻った。「息子さんから話は?」
「聞きました」  


Posted by 淺笑嫣然 at 12:15Comments(0)

2016年01月08日

不意に何か思い

「そうではなく、裏にかいてるものです。電話番号やアドレスのようですが」
 加賀は名札を裏返して差し出した。松宮は横から覗き込んだ。たしかにサインペンのようなもので携帯電話の番号やメールアドレスらしきものdermes 激光脫毛が書き込まれている。
「これは私たちのケータイの番号とアドレスです」春日井が答えた。
「御夫婦とも、携帯電話をお持ちなんですね」
「そうです。優菜がいつでも連絡を取れるよう、名札の裏に書き込んでおいたんです」
「アドレスが三つありますね」
「二つはケータイのアドレスで、ひとつはパソコンのメールアドレスです」
 加賀は納得したように頷き、名札の裏を見つめていたが、ついたように顔を上げた。
「パソコンはどちらに?」
「私たちの寝室にあ室內設計りますが」
「優菜ちゃんが使うことはありますか」
「一緒にインターネットをすることはあります」
「一人で使うことは?」
「それはないと思います。──ないよなあ?」春日井は妻に確認をとった。
「見たことありません」奈津子も同意した。
「御主人が最後にパソコンを使ったのはいつですか」
「昨日の夜です。メールを確認しただけですけど」
「何か不審な点はありませんでしたか」
「不審というと?」
「見慣れないメールを受信していたとかです」
「なかったと思います。あのう、パソコンのメールがどうかしたんですか」  


Posted by 淺笑嫣然 at 17:38Comments(0)